スポンサーサイト

  • 2013.07.02 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    スクラップブッキング情報 in 日本 など・・・

    • 2012.02.24 Friday
    • 23:35
     
    今回はこれまでスクラップブッキングに参加してくださった方々からよく質問されることについてのお話



    やっぱり一番多いのは
    材料はどこで買える(買っている)のですか
    です。


    スクラップブッキングの材料(主にペーパー、飾り物)を見ていただければ分かると思いますが、
    『スクラップブッキング専用のもの』というのはないのです。
    敢えて言うなら既に12インチや8インチ・6インチに切って売られているペーパーぐらいでしょうか。

    中国・北京でスクラップブッキングをするにあたり、まずペーパーの入手で苦戦します
    私が知る限り、北京には「ペーパークラフト専門店」なる便利なお店はありません
    では、ペーパーはどこで手に入れるのか・・・。

     (原馘后紙専門店
    ここで入手できるのはいわゆる色画用紙です。 よって大きさはA4〜A3。 
    すっごく大きいもので70cm×100cmぐらいのものもありますが
    自宅ではきれいに切れる道具もないし、売られている段階で端々が折れていたり破れていたりもするのであまり役立ちません。
    凸凹紙やフィルム紙などもあります。


    ◆|羚馮妊優奪肇轡腑奪團鵐暗后淵織バオ)
    教室で利用している柄ペーパー・エンボスペーパーの約70%はこの方法で入手しています。
    12インチや8インチサイズで売られています。
    アメリカのスクラップブッキング用ペーパー会社が中国の工場にて作っているモノの、流れモノ、訳あり品だと思われます。
    なので、数が少なかったり、紙質・印刷質がちょっとイケテいなかったりする時もあります。。。
    しかしここでも残念ながら、シンプルな淡色系の単色ペーパーは見つけられません
    そういう12インチサイズ用紙は今のところ日本で買っています。

    そこで次によく聞かれる、「日本ではどこで材料を買えますか?」
    中国での環境を考えると、日本はそれはもう「スクラップブッキング材料天国」です
    インターネットで「スクラップブッキング 材料 通販」などで検索すると色々ヒットしてくると思いますが、
    以下は私が実際に購入したことのある店、日本のスクラップブッキング仲間が教えてくれた店などの情報です。
    私が知っているのは大阪と東京が中心ですが、地方でも都市なら扱っている大手文具屋などがあるかもしれません。

    ★サクラクレパス メモラビリアート(東京・大阪)
    (↑ここは私がインストラクター資格講座を受けたところ(大阪)です。
    講師資格講座だけでなく、一般の方向けに趣味教室などもやっています)

    ★メモリープレイス(東京・池袋)

    http://www.memory-place.jp/

    ★パピエリウム(東京・銀座) 

    http://www.papierium.jp/index.html

    ★アート&クラフト 呉竹

    http://www.kuretake.co.jp/shop/index.html
    (↑ここから各地の店舗案内が探せます)

    ★シモジマ
    (↑ここから各地の店舗案内が探せます)

    ★ABCクラフト(大阪)



    こうやってそれぞれのHP見るだけでも、あ〜〜ん 買いたいものいっぱいだわ
    体験教室とかも受けてみたい〜

    ペーパー以外の材料<リボン、布系、シール、ボタン、スパンコールetc>は中国でも手に入りやすいです。
    道具も基本的なもの<デザインナイフ、カッティングマット、はさみ、模様ばさみなど>は手に入りますが、
    中国での入手が厳しいのが「工芸用の液体糊」「テープのり」(いずれもアシッドフリー)です。
    テープ糊はKOKUYO(中国)が取り扱っていますが、日本からの輸入物です。
    あと工芸用液体糊は中国製のものがありますが、アシッドフリーではないし
    やはり質がたいへんよろしくありません。 糊に関しては教室で使用しているものは日本から購入しています。


    ・・・・と、今回は皆さんからよく聞かれる質問にお答えしてみました

    北京・中国本土ではまだまだ「スクラップブッキングの材料を買える実体店」というのはないですね〜。
    聞いたところによると、香港やシンガポールでは日本のように専門店などもあるみたいですよ。
    ネットショップは便利だけど、やっぱり直接目で見て触って買えないので、実際入手してみたら
    色が微妙に違ったとか、紙の厚さ・表面の感触が思っていたものと違った・・・ってこともあります

    その一方で選り取り見取りの状態ではないおかげで、購買欲が抑えられてお金を使いすぎないのが幸いかな(笑)

    教室に参加してくださって楽しむのもよし。 自分で好きな材料を揃えて、自分なりに作るのもよし。
    それがスクラップブッキングですから

    スポンサーサイト

    • 2013.07.02 Tuesday
    • 23:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      プロフィ〜ル

      お問い合わせはこちら!

      スクラップブッキング教室および本ブログに関するご質問・お問い合わせは goodharmony*outlook.com(*を@に変えてください)までメールをください。

      ただいまの時刻(中国)

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM